ほうれい線は元々、顔にあるものです。
若い頃は目立たないだけで実は存在しています。それが年齢とともに次第に目立ってきて、存在感バッチリになっていきます。そうなると、実年齢より老けて見られる事が多くなります。その人に合った対策であれば、目立たなくする事も期待できます。ほうれい線対策や美容成分について説明していきます。

 

ほうれい線はシワ?溝?境界線?

 

 

ほうれい線はシワが目立ったものだと思っていませんか?頬のお肉が重力で垂れてしまった事で出来る境界線なのです。境界線がを作ってしまいます。

原因は表情筋と言われる顔の皮下脂肪を支える筋力が減少する事です。もう一つの原因はお肌のハリの減少です。お肌にハリがあるとほうれい線は目立ちません。若い頃にほうれい線が目立たないのはお肌にハリがあるからです。

筋力の低下、お肌のハリの低下、この二つが大きな原因です。

 

どうすれば?

 

 

表情筋の衰えにはエクササイズ

お肌のハリには、ほうれい線用の化粧品

 

 

この二つが必要です。

 

ほうれい線対策のエクササイズ

筋力が低下している時にはエクササイズがで対応するのが良いでしょう。ダイエットの時のエクササイズほどキツイ事はありません。ほうれい線と密接な関係がある筋肉は

「口輪筋」
「大頬骨筋」
「小頬骨筋」

です。意識してエクササイズする事で違いを感じる可能性が高まります。

継続が大切です。

色んなエクササイズがありますが、とにかく続けてみてください。継続する気持がないと、ほうれい線はずっとそのまま居座ります。割り箸を使ったエクササイズとか、オイルプリング、リンパマッサージなどもありますが、現実的な方法は、面倒でなく、継続しやすい方法がベストです。エクササイズと並行して化粧品、食物などを見直していく事が【近道】です。

継続しやすい方法は舌回しエクササイズ

口の内側から舌でほうれい線を刺激する方法です。

ほうれい線の刺激と筋力エクササイズを兼ねています。

注意点は「変顔」になるので、お風呂などで一人になった時にエクササイズすることです。一度にたくさんしなくても大丈夫です。お風呂に入る度に舌を回してエクササイズです。継続する事が【近道】になります。

この先生はかなり有名な先生です。美容家としても実績のある方ですよね。このエクササイズが続けやすいと思います。

気分転換にならペットボトルを使ったエクササイズもあります。継続するのであれば、何も使わない方法が良いでしょう。

その他のエクササイズ

 

・割り箸を使ったエクササイズは割り箸を前歯で挟んで「い」と発音する状態で30秒程度ジッとしている方法です。

・オイルプリングはココナッツオイルでうがいをする方法です。オイルが老廃物を吸着してくれ、ビタミンEなどが口から吸収されるという方法です。

・リンパマッサージは口元に溜まった老廃物を排出してくれる方法です。これはある程度のリンパマッサージの知識がないと難しいかも。
※個人的には道具を使わない舌回しエクササイズをおすすめします。継続しやすいからです。

 

ほうれい線対策に人気の美容成分と栄養素

※プラセンタ
お肌の新陳代謝(ターンオーバー)を整えたり、コラーゲン、エラスチンなどの生成を活発にしてくれます。美容目的から更年期までとても人気の成分です。

※コラーゲン
お肌のたるみに期待できる成分です。コラーゲンが活発だとお肌にハリや潤いが出てきます。元々身体に存在する成分です。

※セラミド
紫外線などからお肌を守るバリア機能で人気です。

※ヒアルロン酸
保水成分で人気です。1グラムで6リットルの水分を保持出来ると言われ、化粧品からサプリまで様々な分野で使用されています。

※エラスチン
コラーゲンのサポートをする弾力成分です。お肌のハリには欠かせない人気成分です。

 

お肌のために良い成分

 

・タンパク質
お肌のためには欠かせない成分です。お肌だけでなく髪の毛、爪まで影響があります。タンパク質はカロリーが気になる方もいますが、低カロリーのもの、また、植物性タンパク質もあるので意識して摂取するべき成分です。

・イソフラボン
お肌のハリより、柔らかな汚肌が期待できます。女性ホルモンと同じような働きがあることで有名な成分です。

 

ビタミン

ビタミンで大切なのはエース! A  C  E

ACEエースと覚えておきましょう。

 

 

・ビタミンA  レバー、乳製品、肉類、海藻類など

・ビタミンC  レモン、アセロラ、ケール、パセリなど

・ビタミンE  ナッツ類、オリーブオイルなどのオレイン酸

 

お肌のハリやほうれい線に良いとされる成分を説明しましたが、大切なのはバランスです。バランスの良い食事や栄養分の摂取でお肌は元気になっていきます。

 

 

1 外側からはお化粧品などでケア

2 内側からは必要な栄養分を摂取

3 エクササイズで筋力をつける

 

 

この三つがほうれい線対策で大切です。ほうれい線だけでなく体調まで期待できる方法ですので、意識してみてください。

ほうれい線対策の人気
↓↓↓↓↓